ゴールデンミルク

20161226_120241

クリスマスが過ぎ、年末のあいさつ回りの姿や”良いお年を”などという挨拶が飛び交うようになりました。いよいよ2016年が終わりますね。 皆様にとってはどのような一年でしたでしょうか?

私は、ご存じのとおりバッタバタな一年でした。

アーユルヴェーダでいうところの カファ体質の私にはこの”バッタバタ”がかなり時間が経ってから体に跳ね返ってきます。 今月月初には2年に一度引くか引かないかの風邪を引き声が出なくなるという事態。やっと治ったかと思いきや疲れがどっと出てきて慢性疲労状態。 そこでまた風邪を引いてはいけない!と普段のチャイからスイッチしたのがこのターメリックミルク。

カリフォルニアでは健康志向が強いカフェで定番メニューになっているとかいないとか。 しかしながらインドでは普通に子供に飲ませているミルクでもあるんですよ。

それをちょっとウシュノーダカ風にアレンジ。 今回はレシピをお教えしますね。

ターメリック(ウコン)がゴールデンなところ。 これはアーユルヴェーダでいうところのラクタ(血液成分)をよくする働きがあります。今では大変メジャーになった 『飲む前に飲む』 というドリンク剤の名前にもなっていますが、肝機能にもいいというのはこのラクタに作用するということからとも言えます。抗酸化作用・解毒作用があるこのスパイス。消化が重くなりがちな牛乳に混ぜることにより消化を軽くするという役目もあります。(ですので、インドでは子供に牛乳を与える時に少し混ぜて飲ませるのです。)

牛乳は冷たい性質であり、体を冷やすと考えられます。そこに、ショウガが登場!消化を助けるばかりか体を温める効果を期待しながら加えました。  ショウガは生よりもドライの方が冬は良いと考えられる方もいらっしゃいます。 ですので、ここは選んでくださいね。パウダー状のものを使うもよし。生を使うもよし。

★牛乳は消化に重く、アーユルヴェーダでは塩との食べ合わせが禁忌とされています。ですので、お勧めは食中。10時とか15時の間食の変わりに召し上がることがお勧めです!

ターメリックの抗酸化作用と解毒作用、牛乳で滋養を取り風邪を引かないように体調を整え新年に備えましょう!

 

ゴールデンミルク ウシュノーダカ風

材料: 牛乳 250ml  アーモンドパウダー 小さじ2(アーモンドミルクでもよいですよ) ショウガ 10g(ショウガパウダーの場合は、小さじ1/4) ターメリック 小さじ1/2  黒糖 お好み

作り方:①ショウガは有機栽培・無農薬のものは皮ごと、それ以外は皮をむいてすりおろす。

②鍋に黒糖以外全てを入れて中火で温める。 ③鍋から湯気がモウモウと上がってきたら出来上がり。茶こしなどで濾してカップに移します。 お好みで黒糖で甘さを調節してお召し上がりください。


2016-12-26 | Posted in cafe-ushunodaka, various topicsComments Closed