7月のアーユルご飯

ayur_gohan01

7月のアーユルご飯ー献立が決定しました!

冬瓜のトロトロスープ ー夏のほてりを癒す口当たりまろやかなスープ。

いんげんの和え物 ー豆・ゴマ・ナッツで和えたコクのある小鉢。

ゴーヤの肉詰めソテー -この季節に取りたい味、苦味。 苦味野菜代表のゴーヤを食べごたえのある主菜に。

トウモロコシご飯 -トウモロコシの味をしっかり引き出した味わい深いごはん

ナスの浅漬け -箸休めにどうぞ。

グレープフルーツのジュレ -見た目も食感も涼しいデザート

お飲み物 -珈琲、紅茶、緑茶、レモングラスティー、クミンティーからお選びください

 

開催日:7月10日(日) *11:00~14:00の間にご来店ください。

完全予約制/限定10食 -メールもしくは電話にてご予約ください。 

*お名前・当日ご連絡が取れる連絡先・ご来店予定時間をお伝えください。 

info@sukha-life.com/ 03-6356-2126 

 

★当日は通常メニューでの営業もしております。

 

アーユルごはんって何ですか???       anna代表 三浦麻貴

「カラダが喜ぶごはん」「本当に食べたいごはん」って、なんでしょうか?

世の中には様々な食事に関する健康法があります。一時どれも魅力的にうつって、ある時期一生懸命取り組む…こんな経験は誰にでもあることです。でもそれは、美味しいですか? この先何十年も続けたいですか?何世代先にも伝えてゆきたいですか?

「食べる」とは、「美味しい」とは、どういうことでしょうか?古代インドの伝統医学アーユルヴェーダは、健康的な食事法について様々な提案をしています。適量を食べる、6つの味を揃えて食べる、心も体も慣れているものを食べる…などなど、ココロとカラダが喜ぶ食事のコツがたくさんあります。

*アーユル…健康的な寿命

*ごはん…毎日食べたい食事、私たちの心と体を支えてくれる

「アーユルごはん」とは、アーユルヴェーダの考えに沿っていて、そして日本人にあった食事のことです。

アーユルヴェーダが唱える「人が幸せに長生きするための食べ方」を、日本の伝統食と照らし合わせて考えた、美味しくてやさしい献立がアーユルごはんです。毎日の暮らしの中に、健康で幸せな食事がいつもそばにあるようにと想って作る料理が、ココロとカラダに美味しく、ココロとカラダが喜ぶごはん、何年先もずーっと食べ続けたいごはんになるのです。

*アーユルごはん は anna の商標です。

anna に関しては

(blog)アーユルヴェーダのある暮らし http://blog.livedoor.jp/tulsi67/

(facebook)https://www.facebook.com/ayurgohan

 


2016-06-29 | Posted in cafe-ushunodaka, food & spicesComments Closed 

ウシュノーダカのお米のひみつ

当店のお米は、とっても特別!
お粥の美味しさの決め手は、このお米に出会えたらから実現できた、と言っても過言ではありません!

その秘密を今日は教えちゃいます!

ウシュノーダカの店主が惚れたお米。

【宮城県大崎市蕪栗沼(かぶくりぬま)のふゆみずたんぼ米】

ふゆみずたんぼ

「ふゆみずたんぼ米」は、農薬や化学肥料を使わず、たくさんの田んぼの生き物たちによって育まれた豊かな土壌で栽培された安全・安心なお米です。「ふゆみずたんぼ」(冬季湛水水田)は、冬の間も田んぼに水をはり、田んぼに生きる原生生物やイトミミズ、水鳥など多様な生き物のの力を借りて、無農薬、無化学肥料でコメ作りを行う農法です。慣行農法では、農薬や化学肥料など、外から物質を投入することによって、肥料不足や病害に対処しますが、ふゆみずたんぼは、生態系の力を使い、水や土の浄化、再生によって田んぼの機能を改善するいわば内側からの自然再生手法として注目を集めています。
(ふゆみずたんぼのチラシより抜粋)

当店主が、あるイベントでこの「ふゆみずたんぼ」で作られるササニシキに出会ったそう。当時いろいろなササニシキ玄米を食べ比べていて、このササニシキが一番美味しかった。そしてこの農法にとても共感を覚え、想像するだけで温かな気持ちになり、それだけでも一段とお米の味をよくしていると思えたから。(それと実は、ブースにいた女性が素朴で真面目で素敵な方だったからなんですって。)

こんなストーリーが、ウシュノーダカのお粥の裏側にあるんです。

お客様に美味しいと喜んでもらって、身体も喜んでもらえるための必要な出会いでした。

これからも美味しいお米を作っていただきたいです!そしてたくさんの人に食べてもらいたいお米です!

<ふゆみずたんぼ米のお問合せ先>
伸萠ふゆみずたんぼ生産組合 TEL 090-2881-6249 email:shinpofuyumizu_tambo@ybb.ne.jp


2016-05-14 | Posted in cafe-ushunodaka, food & spicesComments Closed 

anna主催【アーユルごはん】受付開始!限定10食(4月30日/5月1日)

ayur_gohan

4月30日&5月1日 限定10食!

anna主催【アーユルごはん】1800yen

<お品書き>
筍入り鶏つくねバーガー
新じゃがの青のりソテー
春菊と油揚げのサラダ
春キャベツの煮びたし
ウメごはん
若竹汁
抹茶豆乳ゼリー
お飲み物(珈琲、紅茶、緑茶)

※1日限定10食に付き予約をお願いいたします。
TEL:03-6356-2126 mail:info@sukha-life.com

ayur_gohan01

世の中には様々な食事に関する健康法があります。一時どれも魅力的にうつって、ある時期一生懸命取り組む。
こんな経験は誰にでもあることです。でもそれは、美味しいですか?この先何十年も続けたいですか?何世代先にも伝えてゆきたいですか?
「食べる」とは、「美味しい」とは、どういうことでしょうか?

古代インドの伝統医学アーユルヴェーダは、健康的な食事法について様々な提案をしています。
適量を食べる、6つの味を揃えて食べる、心も体も慣れているものを食べる、などなど、ココロとカラダが喜ぶ食事のコツがたくさんあります。

*アーユル:健康的な寿命
*ごはん:毎日食べたい食事、私たちの心と体を支えてくれる食事のこと

「アーユルごはん」とは、アーユルヴェーダの考えに沿っていてそして日本人にあった食事のことです。
アーユルヴェーダが唱える「人が幸せに長生きするための食べ方」を、日本の伝統食と照らし合わせて考えた、美味しくてやさしい献立がアーユルごはんです。
毎日の暮らしの中に、健康で幸せな食事がいつもそばにあるようにと想って作る料理が、ココロとカラダに美味しく、ココロとカラダが喜ぶごはん、何年先もずーっと食べ続けたいごはんになるのです。

anna代表 三浦 麻貴
annaに関しては、
(blog) アーユルヴェーダのある暮らし
(facebook) https://www.facebook.com/ayurgohan
*『アーユルごはん』はannaの商標です。


2016-04-27 | Posted in cafe-ushunodaka, events, food & spicesComments Closed 

10食限定ご予約メニュー「アーユルごはん」

カフェウシュノーダカのコンセプト【アーユルヴェーダの食事法】に基づいたメニュー
これを監修してくださっている三浦まきさんが代表であるannaの提唱する【アーユルごはん】をいよいよ当店でお召し上がりいただくことができるようになりました!

ayur_gohan
★3月のお品書き★
春野菜押し麦スープ
新たまねぎのソテー
山菜の白和え
かぶのしっとり浅漬け
だしで炊いたしょうがごはん
豆腐白玉

ご料金:1800円(税込)
10食限定
完全予約制
ご予約締切/3月10日
ご予約方法/店頭、お電話 もしくはメールにてお願いをいたします。

”アーユルごはんとは・・・”
「カラダが喜ぶごはん」「本当に食べたいごはん」って、なんでしょうか?
世の中には様々な食事に関する健康法があります。いっときどれも魅力的にうつって、ある時期一生懸命取り組む。こんな経験は誰にでもあることです。
でもそれは、美味しいですか? この先何十年も続けたいですか?何世代先にも伝えてゆきたいですか?
「食べる」とは、「美味しい」とは、どういうことでしょうか?
古代インドの伝統医学アーユルヴェーダは、健康的な食事法について様々な提案をしています。

適量を食べる、6つの味を揃えて食べる、心も体も慣れているものを食べる…などなど、ココロとカラダが喜ぶ食事のコツがたくさんあります。

<言葉の意味>
*アーユル→健康的な寿命
*ごはん→毎日食べたい食事、私たちの心と体を支えてくれる食事のこと

*【アーユルごは】とは、アーユルヴェーダの考えに沿っていて、そして日本人にあった食事のことです。
アーユルヴェーダが唱える「人が幸せに長生きするための食べ方」を、日本の伝統食と照らし合わせて考えた、美味しくてやさしい献立がアーユルごはんです。
毎日の暮らしの中に、健康で幸せな食事がいつもそばにあるようにと想って作る料理が、ココロとカラダに美味しく、ココロとカラダが喜ぶごはん、
何年先もずーっと食べ続けたいごはんになるのです。anna代表 三浦まき
*アーユルごはんは annaの商標です。


2016-03-07 | Posted in cafe-ushunodaka, events, food & spicesComments Closed